2013年02月15日

介護保険・要介護度認定調査

介護保険・要介護度認定調査

近々、介護保険の要介護度認定調査を迎えようとしています。

この数年、認定調査に於いて要介護度が低く設定されるような傾向が見受けられるとの事。
知り合いの要介護者を抱えている家族からも、低く設定されたという話をよく聞きます。
例えば、要介護度3から2に下げられたとか、要介護から要支援らなったとか...色々あります。

介護に伴う国の予算のかんけい関係なのでしょうか。
どうも認定基準が厳しくなっているというのが、実感としてあります。

これとは別に、要介護の高齢者というのは、普段は口も足腰もおぼつかないし頼りない限りなのですが、他人が来ると普段とは別人のようにシャッキリしてしっかり話もするし、無理をしてでも体を動かすことがあります。
こういうのも、要介護度見直しの原因のひとつとしてあるようで、家族としては本当に困ってしまいます。
posted by kai01 at 09:07| Comment(0) | 介護の実際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。